妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫

妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫と妻の協力が不可欠です。



ということはつまり、妊活での男性の役割は大変重要だということです。


女性にしか出産はできませんので、もしかすると、女性のみががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、夫婦ともに協力しなければ妊娠の可能性は低くなってしまうでしょう。妊娠したいと考えている女性なら葉酸というビタミンの摂取が欠かせません。
なぜかというと、子供に先天性の障害が起きる確率を下げることが期待できるからです。とは言っても、摂りすぎはどうなのかが心配されます。



葉酸の過剰摂取によって、出生後、喘息などの症状が起きることもあるのです。たくさん摂取すれば良いのではないことを知っておいてください。

妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。正直、自分には関係ない話だと思っていましたが妻に、自分も飲んでみたいと言ったところ、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」という意見でした。

しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうとこっそりサプリメントを飲み始めました。


劇的な変化はありませんが、お酒が翌日以降も残ることがなくなって、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。身体に良いといわれるビタミンの一つが葉酸で、とにかくたくさん摂れば良いとサプリメントなどを標準量の何倍も飲む方もいそうな気がしますが、いくら葉酸は水溶性で尿中に排出されると言っても、上限を超えて大量に摂ると身体には害になります。大抵は一時的な発熱やじんましんなどの症状ですが、人によっては呼吸障害を起こすケースもあるのです。

成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、摂りすぎにならないよう、栄養補助食品やサプリメントの服用には気をつけましょう。
熱に弱いという特長がある葉酸は、日頃の食生活の中では必要量を摂取できないことが多いため必要に応じてサプリメントなどで補った方が良いでしょう。市販の葉酸サプリメントもたくさんの種類がありますが、加熱処理で葉酸が減っていない製品を見つけることが必要だと言えます。

自分の身体を整えるために摂るものなので、天然由来のものを原料にしていること、必要のない添加物がないことなど、安全性も考えて選んで欲しいです。赤ちゃんがお腹にいる女性なら、胎児の順調な発育のためぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。


その名「葉」の通り、葉物野菜、例えばキャベツやレタスから多量に摂取できると考えられますが、意外なことに、果物にも多く含まれていて、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないのでどの食材にどのくらい葉酸が含まれるかを知り、毎食、確実に摂れると良いですね。

赤ちゃんがお腹にいる方にとって栄養素の中でも、葉酸が重要になってきます。いわゆる緑の野菜には、葉酸が豊富に含有されており、食材の中で特に多いのはほうれん草、それに、枝豆が代表的です。ことにほうれん草は葉酸とともに必要になる栄養素の鉄分もたくさん摂れる食材なので積極的に食べたい野菜の一つです。


赤ちゃんがほしくて妊活をされている方は食べるものも体を温めるものを選択しましょう。野菜の中でもとりわけ、大根、ごぼう、人参のような根菜類は、体を温めてくれる作用があるので、いいでしょう。

それに対して、身体を冷やしてしまうとされる野菜は、キュウリやナスやトマトといった夏が旬である野菜に多く存在しています。果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、あたたかい飲み物がベターです。
赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だとあちこちで聞かれますが、実は、妊娠前から葉酸を摂れば、受精率及び着床率が上がることが明らかになっています。

受精してから着床が完了するまでは細胞分裂が活発に行われるので、多くの葉酸を使わなければなりません。


ですから、妊娠するまでの間にも葉酸はたくさん必要であり、お腹の中で胎児が健康に育つためにもたくさん必要な栄養素のため、妊娠を望んだときから、授乳終了までの間、葉酸の摂取を続けることがベストだと言えます。赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹にいる方にはビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。
ビタミンの一種として、葉酸には胎児の発育や細胞分裂を進めるのに重要な役割を果たします。その名の通り、葉物野菜やブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などに多量の含有を期待できますが、いろいろな種類のサプリメントもあるので野菜が足りていないと思う方や野菜を避けてしまう方には上手く活用していきたいものです。