妊活と言えば、ママとなるはずの女性の

妊活と言えば、ママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、夫婦において、妊活は男女ともども行うものといえます。そこで具体的に、男性ができる妊活、食べた方がいいものが何かみていきましょう。栄養素のうち、男性の妊活に貢献するものと言えば、主に亜鉛、アミノ酸の一種アルギニン、ビタミンのうちEとB群などを挙げることが出来ます。こういった栄養素を多く含んでいるものを食生活に取り入れて、妊活の成功率をよりアップさせましょう。ビタミンB群の一つである葉酸は、胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、葉酸を最も効率よく摂取できるのはベストなのが食間です。
一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより可能な限り数回に分けて摂れば効果を発揮できるといわれています。
時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば寝ている間の肝臓の血流量は最も少ないので、就寝前の摂取が葉酸を効かせるためには最も良いでしょう。少子化と同時に中にはいわゆる「産み分け」を意識する夫婦も増えつつあるようです。


しかし、日本の医学の現状では、男女を産み分ける確実な方法はまだ見つかっていません。



そのことを分かっていて、そうは言っても諦められないのならば、次の方法を行ってみてください。男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に性交するという方法で可能かもしれません。妊活時には色々と気を使わなければなりません。


風邪薬の服用の是非については、それほど大きく影響することはありません。

そうはいっても、わずかでも妊娠に悪影響が及んでしまったらいけないと気になってしまうのなら問題はないのかどうかを医療機関に尋ねてみましょう。妊活時はひときわ、ストレスを避けることが大事となってきます。そう考えると、入浴によるリフレッシュはいいことなのですが、体に負荷をかけない方が無難だという立場から言うと長すぎる入浴時間や熱すぎるお湯は避けましょう。意外ですが熱は、体にとっては負担となります。暑い時期にはうっかりよく冷えた飲み物が欲しくなりますが、妊活を行っている時は普段以上にできるだけ体の熱を奪うような飲み物は控えた方がいいでしょう。逆に、飲み物でも温かいものを飲んでいれば血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。飲み物のみならず、生活全体を通して日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。最近のことですが、手軽に妊活に役立つ方法として世間ではお灸が注目され始めているようです。鍼灸療法は伝統的な方法で、体内から妊娠しやすい体づくりが出来るという事だけでなく副作用がないということも安心です。体には妊活に効くと言われているツボもたくさんあり、ご家庭でも可能なお灸なども登場し簡単に行うことが出来ます。
どうぞ挑戦してみては?妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためにとりわけハーブティーがよく飲まれることがあるようです。



その一番の理由として、体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。

挙げられるものとしては、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。
加えて、リラックス効果を得ることにも役立ちます。
妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがその解消が期待できます。
サプリや錠剤で、妊娠初期に葉酸を多めに摂るべきとは、よく聞かれます。



しかし、本当は妊娠1ヶ月前から継続して葉酸を多めに摂った方が良いということをあなたは聞いたことがありますか?赤ちゃんが欲しいと考え始めたときこそ葉酸の摂取を意識して欲しい時期だと思ってください。妊活開始を宣言したらどうやったら葉酸を摂れるか、考えてみてください。



妊娠前、妊娠中には可能な限り健康に悪い影響を及ぼすものを避けなくてはなりません。

そういう意味でも、妊活中の煙草は厳禁です。
タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが体にいいものではないことは確かです。習慣的にタバコを吸う方は、妊活だけでなく、禁煙も行ってください。