貧血になってしまうのは様々な理由で鉄分が摂れていないか

貧血になってしまうのは様々な理由で鉄分が摂れていないからかと思う方が多いかもしれませんが、貧血の原因はいくつかに分けられ鉄分の摂取不足のみが原因だとするのは間違いです。鉄分だけでなく、葉酸の不足による貧血もかなり見られ、鉄剤などで鉄分を摂っても、症状が良くならない場合は意識的に葉酸を摂るようにすると貧血改善が進むというケースも実際にあります。

ご夫婦が赤ちゃんを待っているとき、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。造血のためには欠かせないビタミンとして知られていますが、全ての細胞が活発に増えていくために葉酸が必要不可欠のため、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。



子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、ふかふかの子宮内膜は受精卵を保護し、着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。
葉酸はビタミンMともいい、妊娠初期に特に大事です。妊娠初期に脳とか神経系が作られていく過程で、葉酸は順調に発育するのを助ける役目を果たしているのです。

葉酸が豊富に含まれる食材は何かわからなくて不安、知っているけど十分な量は摂れないなどの悩みをお持ちの場合は、青汁などを補助的に飲んで、必要な量を摂っていきましょう。
健康な赤ちゃんが生まれるように、必要な量の葉酸を日々確保して欲しいです。


今のところ、日本では先天性奇形の発生率が全国の出生数に対して、平均4%と言われます。


奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、ある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素がビタミンMとも言われる葉酸です。
特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな初期から中期にかけて必要な量を摂取しなければならないので、妊娠している女性には、葉酸が絶対欠かせない栄養素と言っても決して言いすぎではありません。最近、だいぶ浸透してきた話ですが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。

赤ちゃんは生後間もない時期に、体中至るところで活発な細胞分裂を行うことで、人としての発達を遂げるのです。
そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。また、産後の母体が回復するためにも葉酸が必要であり、自分のためだけでなく、赤ちゃんの分もお母さんが摂取しなくてはならないので、妊娠を希望したときから、赤ちゃんがミルクや離乳食で栄養を摂れるようになるまでの間、必要な量の葉酸を摂っていきましょう。
妊活中は栄養にも気を配りたいものです。そういった意味でも果物を積極的に摂る事は望ましいものであることは、世間でも良く知られています。



でも、どうせ摂取するならば、妊活のサポート効果が期待できるような果物の食べ方をできるなら、さらに良いですよね。

果物によっては体を温めて冷えをとってくれる効果が期待できるものも存在するようです。
例えば、さくらんぼやりんご、ぶどうや桃、オレンジといった果物が該当しますが、生の状態でももちろん、ドライの状態のものでも十分効果は期待できますので、積極的に摂ってみましょう。妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私は葉酸が不足しないようにサプリメントを飲み始めました。
お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと急がされましたが、では、いつまで飲めば良いのかとは最後まで何も言われなかったのです。私の場合、1袋飲んだ後でそれきり全く飲みませんでした。



しかし、産後の女性にも葉酸が必要だとわかったので葉酸サプリをまた飲むようになったのです。

毎日葉酸を摂取するといってもいろいろあるわけです。
すぐに実践できそうなのが葉酸が豊富な食材を、毎日食べることです。



しかし、水溶性で熱に弱いのが葉酸の性質であり、妊産婦に必要な量の葉酸を摂れるように食べていくのは妊娠中ずっとと考えると、実に大変なことです。葉酸を効率よく摂取することを考えても、サプリメントなどを上手く活用したいものです。もし飲む時間帯を気にするのなら、食後が最適でしょう。見た限りでは関係ないもののように感じますが、実は妊娠と歯の健康とには密接な関わりがあるのです。昨今の研究で、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などのリスク因子であることが明らかになったのです。治療の中には、妊娠中には避けた方がよい方法もあります。現在、妊活中で長らく歯科医に診てもらっていないなという心当たりのある方は、すぐに診てもらった方がいいでしょう。葉酸を摂ろうと思うと、レバーの他、ほうれん草などにたくさん含有されていますが継続して摂るとすれば無理があって、どうしても摂取が不足してしまいます。きちんと葉酸を摂り続けるためには、食事だけを頼りにして毎日しっかり摂ろうと考えるのを止めて、サプリ、栄養補助食品で補っていく方が賢明です。

食生活や他に飲んでいる薬など、様々な要因を考え合わせた上で、自分なりのやり方で葉酸の所要量を満たすことを目指してください。