妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁

妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。
よく言われているように、喫煙によって体へ強く影響し健全な妊娠に差し障る場合があります。

喫煙の影響は女性だけの問題ではなく男性にも当てはまるのです。喫煙による影響で言うと、女性の場合は排卵障害、男性の場合は精巣の機能が落ちるといった事があるようです。
妊活中の場合はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。当然ですけど、妊娠または出産とは、夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。このことは何を意味しているかというと、妊活での男性の役割は大変重要だということです。
実際に子供を産むというのが女性だからといって、ともすると妻がすべき活動と想像する人も多いかもしれませんが、夫婦ともに協力しなければ妊活が成功する確率は低くなってしまうでしょう。赤ちゃんが欲しいと思っている方は必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、葉酸の欠乏が引き起こす問題として、生まれてくる赤ちゃんに先天性障害が起こる危険が高まります。

葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく体内に蓄積されにくい性質を持った栄養素なのです。モロヘイヤ、ほうれん草などの葉物野菜の他、イチゴなどの果物やレバーなどにもたくさん含まれています。

意識して毎日食べるようにすると、葉酸不足に陥ることは少なくなります。お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直後からサプリで葉酸を摂るようになったのです。



お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと強く言われましたが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは誰からも言われませんでしたね。

1袋空いたところで良いかと思い、サプリメントは終了にしていました。ところが、授乳が終わるまで葉酸を摂った方が良いと最近聞いたのであわてて葉酸サプリを再開しました。
大体いつ頃から妊活し始めたらよいのか中には気になっていらっしゃる女性もかなりいるはずです。この答えは、未婚の女性も既婚の女性も、いずれ出産したい女性ならば、いつからであっても始めていいものです。



妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、妊娠をしやすくする体にするために行う活動全般のことを意味します。

そのため、早い分にはいつ始めても良いものだと言えると思います。一見すると無関係なように感じますが、「妊娠」そして「歯の健康」という二つの事柄の間に、大変深い関係性があるのです。最近、分かった研究結果から、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などの可能性を引き上げるということが判明しています。
妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は出来るだけ早く、受診するのがベターです。先天性奇形の発生率というと、現在の日本では出生数に対して、およそ4%です。



奇形のリスクは高齢出産などで高くなりますが、奇形の防止に効果が認められるビタミンと言えば最近有名になってきた葉酸です。


赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている初期のうちに所要量を摂ることが大事なので、葉酸はあらゆる妊婦にとって絶対欠かせない栄養素と言っても決して言いすぎではありません。
妊活を行っている時は普段以上に気を付けたいことといえば、ストレスです。
ストレスが原因となって筋肉は緊張し、血流が障害されます。


結果として、妊娠に重要な役割を果たす卵巣や子宮の機能が落ちます。あなたが仕事をしている女性で大きなストレスがかかっており、生活習慣も乱れがち、といった場合は、いっそ休職することも一つの選択として考えてみてください。

お子さんが欲しい方、妊娠中の方であればビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。葉酸といえば、胎児の発育や細胞分裂を進めるのに重要な役割を果たします。葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などに含まれていることは知られていますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜をたくさん食べられない方や先に挙げたような野菜が苦手な方には上手に利用して欲しいですね。



典型的な水溶性ビタミンである葉酸は、かなり水に溶けやすいので一日の所要量を一度に摂っても体内に吸収されて、作用する前に尿とともに排出されることもあります。
そのことを考えれば、葉酸サプリメントは一日の中で何回かに分けて飲んだ方がいいと意識しながら摂っていかなくてはなりません。
葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、しっかり摂っていきたい場合は、少しでも無駄なく栄養素としての役割を果たすようにしたいですね。