貧血になってしまうのは鉄分の摂取

貧血になってしまうのは鉄分の摂取不足によると普通は考えますが、貧血はいろいろな要因によって引き起こされるもので、摂った鉄分が足りないことばかりが主な理由だと考えるのは正しくありません。
ヘモグロビンの多い赤血球を増やすためには、鉄分と同時に葉酸を摂らなければならないため鉄剤などで鉄分を摂っても、症状が良くならない場合は葉酸の摂取も試してみるとより早く貧血が改善されたという例もあるのです。葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説はすっかり一般的になりました。赤ちゃんを健康に育てるためだけでなく、お母さんが健康に過ごすためにも必要な栄養素として認識されています。


だとすれば、最も必要になるのはいつか聞かれるとなかなかわからないものです。
妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。



しかも、授乳中も葉酸が不足しがちですから、妊娠中とほぼ同じ量が摂れるよう努めてください。

周知の事実だとは思いますが妊活の最中は体の健康を保持することが絶対条件です。
健康の維持には何が大事かというと、栄養に気を付け、適切な運動をするよう努めるということです。

肥満に陥らないようにするためでもあるのですが、体内の血液循環を良くして、栄養の流れが体内でスムーズにいくということも大きいです。



一つの例として、ウォーキングを軽く行うくらいでいいと考えられます。


果物の摂取は、妊活中の女性にとって、大変良いことは、ご存知かと思います。

でも、どうせ食べるのなら、いっそう妊活が捗るように果物を摂取できれば、もっと妊活の励みになるのではないでしょうか。あまり知られていないのですが、果物によっては体を温める効果が期待できる種類もあるのです。
代表的なものは、ぶどうやさくらんぼ、りんご、オレンジ、桃などです。


そのまま食べる事が難しいという場合は、加工されたドライフルーツでも十分です。

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。正直、自分には関係ない話だと思っていましたが少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「別のサプリメントを飲んだ方が良いんじゃない」と相手にされませんでした。

それでも、試しに飲んだらどうなるかと思ってこっそりサプリメントを飲み始めました。飲んでしばらくしてから、二日酔いの症状が軽くなって、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。


先天性奇形の発生率というと、現在の日本では全体の約4%というのが平均的な数値です。
高齢での出産など、様々な要因が考えられますが先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのがビタミンB群の一つである葉酸です。

とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、妊娠がわかったときから、葉酸は一番大切な栄養素だと言い切っても決して言いすぎではありません。


葉酸のサプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、問題なく妊娠中期に入った直後にこれからはカルシウムも摂らなければならないと気づいて今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。



今までそんなことはなかったのですが、牛乳が合わなくなっていて激しい下痢になってしまいました。
その後は、血液検査で引っかかり、貧血の診断を受けて鉄剤を飲む羽目になりましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合されたサプリメントを飲めば、苦労しないで済んだのではないでしょうか。



典型的な水溶性ビタミンである葉酸は、どうしても水に溶けやすく、大量に摂取したときも体内に吸収されて、作用する前に尿とともに排出されることもあります。
従って、葉酸をサプリなどで摂るときも、時間をおいて分けて飲んだ方が効果があると念頭に置いておいてください。毎日の食事だけで必要な量を摂ろうとすると、かなり難しいのが葉酸の特長なので、尿とともに排出される分を少しでも減らすようにして、効率よく栄養素として使われるように頭を使うべきです。お子さんが欲しい方、妊娠中の方であればビタミンの一種である葉酸が特に必要です。

葉酸といえば、胎児の発育や細胞分裂を進めるのに重要な役割を果たします。
葉酸は文字通り葉物野菜に多く含まれ、その他、ブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにも含有量が多いのですが、サプリメントでも効率よく摂れますから、野菜をたくさん食べられない方やどうしても野菜が好きになれない方には自分の生活に合わせて利用することをすすめます。


栄養素の中でも、葉酸は子供の発育のため、多めに摂ることを妊娠初期から心がけるべき、重要な栄養素なのです。
数え切れないくらいのメーカーで葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、注意しなければならないのは、買うときに全ての成分をチェックすることです。普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なのでできるだけ無添加無香料の安心して摂れる製品を選んでください。